2019年02月19日

朝日I&Rワークス

ものづくりマイスター活用事業が行われました

朝日I&Rワークス「多機能職人育成プログラム」の一環として、佐賀県職業能力開発協会の佐賀県技能振興コーナー「ものづくりマイスター活用事業」第一日目が、2月16日(土)に朝日I&Rワークス本社にて行われました。
 
「ものづくりマイスター制度」とは、高度な技能をもった「ものづくりマイスター」が企業や学校等において、広く若年技能者への実技指導や、ものづくりの魅力発信等を行い、効果的な技能の継承や後継者の育成を行うもので、平成25年度に厚生労働省によって創設されました。
今回、朝日I&Rワークスで行われた「ものづくりマイスター活用事業」は、新人(若手)社員を対象に(建築大工)技能検定3級課題を使用し「ものづくりマイスター」の林田俊彦氏による技術向上を目的とした技術指導になります。

佐賀県職業能力開発協会の佐賀県技能振興コーナー「ものづくりマイスター活用事業」第一日目が、2月16日に朝日I&Rワークス本社にて行われました。
 
画像の向かって右手が「ものづくりマイスター」の林田俊彦氏です。
ものづくりマイスターの林田俊彦氏は一般住宅・店舗の新築やリフォームなどの建築工事において高度な技術を発揮しており、さらなる高みを目指し、常に自己研鑽に努めています。
また、工業系高校や訓練校などで技術検定試験の実技課題などを活用し、実技指導を行い、後進の指導や育成にも尽力しています。
ループ代表 野畑龍彦より、朝日I&Rグループ2019年のスローガン「SPEED X EMOTION」を掲げ、朝日I&Rグループとしての方針を打ち出しました。
 
朝日I&Rワークスの新人社員は「ものづくりマイスター」林田俊彦氏の実技を真剣に見つめています。
「ものづくりマイスター」林田俊彦氏の実技を真剣に見つめる、朝日I&Rワークスの社員たち
 
「ものづくりマイスター活用事業」実習は全5日間で、図面の説明から墨付け作業、及び加工作業、墨木以外の組み立てや加工作業になります。
「ものづくりマイスター活用事業」第一日目の墨付け作業に取り組む、朝日I&Rワークスの新人社員たち
 
第一日目の実習内容は「図面の説明・材料工具の準備確認・墨付け作業について」です。
技術訓練に励む朝日I&Rワークスの新人社員
 
「ものづくりマイスター」林田俊彦氏から一人ひとり丁寧にご指導いただきました。
「ものづくりマイスター」林田俊彦氏による技術指導
 
朝日I&Rワークスでは、今後も引き続き技術指導や研修を開催し、新人社員の育成及びスキルアップに努めてまいります。
 
林田俊彦氏 プロフィール
昭和31年生まれ
有限会社 林田建設 代表
平成17年度 職業訓練指導員免許 取得
平成21年度 一級技能士(建築大工) 取得
平成25年度 ものづくりマイスター 認定
 

PAGE TOP